コラム

2019.06.20

今年は焼かない!!日焼け止めの知識

こんにちはー

たにぐちです

 

 

今日も一人営業です

昨日もでしたが、案外本当に時間がありません。笑

必要なことをやっていると、あっという間に帰る時間になってます。笑

 

 

さて。

梅雨に入ったとはいえ、

雨が多いわけでも無く、日差しが強く感じる日が多いですね

そこで再三申し上げてる日焼け対策、なのですが

最近は「UV対策」に対する意識が高いため

帽子やUVカットのカーディガンなど、様々なUV対策グッズを見かけます

 

なかでも一般的で馴染みがあるのが「日焼け止め」

なんだか種類も多いし、どうやって選んでいいか分からない!という方

非常に多いはず

かくいうたにぐちも、

焼きたくない一心で「戦闘力高そうなやつ!(効き目ありそうなやつ)」という

漠然とした理由で選んでおりました。

実際、それ塗っておけば焼けないことは焼けないんです

ただ、わりと良く感じる肌の違和感・・・

 

今年こそはこれ以上シミ・シワだらけにならないために

もっと深いところまで、日焼け止めの知識を手に入れていきましょう!

 

 

まず、戦う敵(紫外線)について。

 

紫外線には

・UV-A

・UV-B

・UV₋C

と、種類がありますが

UV₋Cは地上に届かないので、気にするべきはAとBの2種類

 

さてこの二つ、何か違いがあるのかと言うと・・・

波長が長い短いと差があるのですが割愛します

 

UV-Aは、しわやたるみの原因になる紫外線

実はこのUV-Aは、室内にいても届いてしまう紫外線です

どこにいても日焼けしてるなんて・・・こわい

 

そしてヒリヒリ赤くなるのはUV-Bの仕業です

 

日焼け止めは、この両方を防いでくれるものになります

 

日焼け止めには

「SPF」と「PA」という表記がありますが

それぞれUV-Aと、UV-Bをどれだけ防ぐかということを表示しています

 

このあたりまでは、ご存知の方も多いはず

次回は、「その表記、どうやって見るの?」というところを

詳しく説明をしていきますねー

 

 

 

ではでは

今日はこの辺で・・・

たにぐちでしたー!(/・ω・)/

 

関連記事

ご予約・お問い合わせ