コラム

2019.02.28

4シーズンのトーンのあれこれ

こんにちはー

たにぐちです

 

 

御苑の温室?の中にたくさんの植物がありまして

そのなかに

とっても美味しそうな木がありました。笑

 

加工肉って身体に良くないって聞きますけど

でも好きなんでついつい食べちゃいます!笑

 

 

さて

最近パーソナルカラーの事を書く上で

案外忘れてしまっていることも多く

テキストや参考書類を読み返しながら記事を書いております

 

使わない情報は、頭の奥の方に入ってしまっていて

引っ張り出すのに時間がかかりますね。笑

 

 

パーソナルカラーで似合う色が分かれてるんだよーってお話を散々してますが

今日は具体的に、

それぞれのシーズンごとに、どういう色があるのか

トーンでご説明いたします

 

そもそも4シーズンの分け方としては

  • 色相・・・イエローベースorブルーベース
  • 明度・・・明るいor暗い
  • 彩度・・・鮮やかor穏やか

ザックリとこういう分け方になっています

黄味肌、ピンク肌だけでは分ける事が出来ないのは

こういうところからですね

 

少し小難しくなって行くので避けてたのですが

おさらいもかねて、色相・彩度・明度も含めてご紹介します

 

 

勘のいい方だと、ちょっとした矛盾点?みたいものに気づくと思うのですが

最後にまとめてご説明します!笑

 

まず、スプリング

イエローベース、明るい、鮮やかな肌質の方

ビビッド、ブライト、ライトというトーンがスプリングの方が得意なトーンです

鮮やかなカラーですね

 

 

次はサマー

ブルーベース、明るい、穏やかな肌質の方

ペールトーン、ライトトーン、ライトグレイッシュトーン、ソフトトーン

全体的に穏やかなカラーが多いです

 

 

お次はオータム

イエローベース、暗い、穏やかな肌質の方

グレイッシュトーン、ダルトーン、ダークトーン、ディープトーン

落ち着いたカラーが多くなっています

 

最後に、ウィンター

ブルーベース、暗い、鮮やかな肌質の方です

 

ビビッド、ディープ、無彩色

パキッとしたカラーが多いです

 

 

こう見ていくと、スプリングとサマーのライトトーン

オータムとウィンターのディープトーンなど

重なるトーンがありますね

 

「どっちにもイケるトーン」ってことになります。笑

サマーさんが鮮やかな色を取り入れたいならライトトーンの色を、

オータムさんが鮮やかな色を取り入れたいならディープトーンをそれぞれ選ぶと

似合わせやすい、という事になります

 

更に言えば

「オレンジってスプリングの代表的な色相」なんて

多分何処かで言ってると思うのですが

サマーさんがオレンジっぽい色を着たいなら

ペールトーンの4の色

このへんの色を選んだら、「似合うオレンジ」なわけです

 

これがパーソナルカラーのおもしろい所かなーって、個人的には思っております

みなさんも「似合うトーンの中で、好きな色相」を探してみましょう!笑

 

 

 

ではでは

今日はこの辺で・・・

たにぐちでしたー!(/・ω・)/

関連記事

ご予約・お問い合わせ