コラム

2019.02.13

シャンプートリートメントの香りのお話

こんにちはー

たにぐちです

 

 

室内にいるとまったく気づかないのですが

日が落ちるのがだんだん遅くなってきましたね

まだまだ寒いのですが、春が待ち遠しいです

 

さて。

今日はちょっとした、香りのお話。笑

髪の毛はわりと関係ない?ですが、是非お楽しみください。笑

 

 

香りが強いのが苦手という方も少なくないと思いますが

わたしはかなり、におい好きです。笑

香水も好き、

アロマも好き、

柔軟剤も好き、

こんな感じなので、実はシャンプー&トリートメントも

香りで選びたいと思ってる位です。笑

しかしそこはもちろん美容師なので、

髪のこと地肌のことを考えて選んでますけどね。

 

 

で、みなさんお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが

シャンプーの香りも、ちょっとした特徴がある場合が多いです

 

シャンプーやトリートメントも、

しっとりタイプ、さらさらタイプなどに分かれておりますが

しっとりタイプはやや甘めな香り

さらさらタイプはややさっぱりした香りになってることが多いです

 

香りの事まで気にして作られてるものは

案外これに当てはまります

 

実は、乾燥の時期は甘くてやや重いと感じる香りを好み

湿気の時期は、サッパリとした軽い香りを好む傾向があるからなのです

 

これは香りと嗅覚の仕組みに基づいているモノでして

①湿度

②温度

③気流

上記の要因で感じ方が変わって来ます

 

①湿度

湿度が高いとにおいの分子がとどまりやすくなり

湿気の多い季節は匂いを感じやすい

 

②温度

においの分子は揮発性があり、温度が高いと揮発性が高まる

 

③気流

晴れた日は上昇気流により、上に運ばれていく

曇った日はそれが無いのでとどまりやすい

 

③についてはわたしも詳しくないので割愛しますが(笑)

乾燥している冬などは、湿度も温度も低いためにおいを感じづらくなるので

甘めな重い香りも、とどまり過ぎず、きつく感じない

 

逆にジメジメした夏は、湿度も温度も高いので

においがとどまりやすく、においを感じやすくなるので

甘すぎる香りだとちょっとつらい・・・

なので、さっぱりした柑橘などの香りが好まれます

 

それが大元になって、シャンプートリートメントも

  • 乾燥対策で使いたいしっとりタイプはやや甘めな香り
  • 軽く仕上げたいサラサラタイプは軽いサッパリな香り

そんな風になっている場合が多いんですねー

 

ベースは同じような香りでも

軽め仕上げ~しっとり仕上げになるにつれて

香りがやや濃い仕様になっているものもあります

 

色んな事考えて作られてますねー

 

 

わたしは基本、サッパリした香りが大好きです

柑橘系ももちろんですが、やや控えめなフローラルも好きです

おうちでアロマも焚いてます

日によって、体調によって好みが変わるのも面白いです

勉強したい事の一つだったりします

 

 

ちなみにカータの取り扱っているヘアケアは

ほとんど微香料なものが多く、

香りの好みに左右されないものが多いです

香り好きには、少々物足りないかもしれませんが

香水やヘアコロンなど、自分の好きな香りが最大限楽しめる!と

前向きに考えて頂けたらと思います。笑

 

 

 

ではでは

今日はこの辺で・・・

たにぐちでしたー!(/・ω・)/

関連記事

ご予約・お問い合わせ