お知らせ

2020.04.26

縮毛矯正のビフォー&アフター、どこまで攻め込めるのか。

こんにちは♪

新宿御苑前の髪質改善くせ毛特化美容師の甲斐です!

縮毛矯正、くせ毛カットのご指名、新宿御苑前エリアNo.1 !!
リピーター様、ご紹介頂きましたお客様に日々感謝致します(*^^*)

丁寧、誰にも負けない仕上がり、優しくをモットーに、くせ毛さんのお悩み、お力になります♪

 

 

てなわけで今日は縮毛矯正のお話です♪

甲斐錬也(かいれんや)
1992年生まれ東京在住、くせ毛特化美容師。
青森田子町観光協会HP「ガーリップ」ライター。
特技は縮毛矯正と料理。
くせ毛の扱いと食いしん坊は誰にも負けません。
あと、猫も好き。
僕の縮毛矯正。
Twitter
Instagram
HOT PEPPER Beauty

美容師さんは分かると思うのですが、、、毛先!

そう、既縮毛矯正部!

特にご新規様はその部分の質感が荒れている事が多いんです

 

迷うんですよねぇ、本当に、、、

一度縮毛矯正を当てている部分は大なり小なりダメージが蓄積されていて

その部分に再度縮毛矯正を当て直すか否か、、、

 

ただ単にダメージだけでまとまりが悪い場合、しっかりトリートメントすれば

綺麗な状態に整うのですが

 

・前回の縮毛矯正で中途半端に癖が伸びきらず、うねりが残っている場合

・前回の縮毛矯正により、過度なダメージで毛髪の構造が壊れてジリジリになっている場合

 

この2パターンの場合、再度縮毛矯正を当てて

毛髪の形状を整形し直さないとトリートメントだけでは真っ直ぐ綺麗にならないのです

 

とまぁ、何やかんやつらつらと書きましたが

ここで先日の施術例のお写真を

 

ビフォー

根本から中間は新生毛の癖毛

中間から毛先は上記の通り前回の縮毛矯正で、よれが出てます

 

内側はこんな感じ

触った感じと濡らした時の状態から

ぬぅ~、、、間一髪、ギリギリ中間から毛先の髪の体力は残ってそう、、、

正直、既縮毛矯正部分はノータッチの方が安全なのですが

そこを放置しても完全に扱いやすくキレイにはならないんですよねぇ~

 

てなわけでリスクもちゃんと説明して根元から毛先までアタックしました!

 

ででん!

ばっちり毛先まで艶サラです(毛先の先の写真撮れば良かった、、、)

 

といった具合でケースバイケースですが

僕は出来るギリギリのところまでは攻めていくスタンスです

 

正直、手前味噌ですがこの毛先まで攻め込む美容師は

そうそう居ないと思います笑

ぶっちゃけ、普通のレベルの施術ではないんです

ただ、その攻め込めるギリギリの範囲をもっともっと広げられたら

髪で悩んでいる沢山のお客様のチカラになれると思っています

 

僕自身、今のレベルではまだまだ満足していないですし

世の中には、もっともっと凄腕の美容師さんも沢山いますし

 

まだまだ研究、日々邁進して参りますので

髪にお悩みの方は、僕で良ければ何なりご相談下さい

 

きっと、お力になれますよ^^

 

では!

 

 

●担当させて頂くお客様へ●
当日だけの事を考えた無理な施術はできない場合もあります。
数年先の髪の状態を見据えて、メニュー等々のお話させて頂く事もあります。
アフターケアまでしっかりさせて下さい!

個人的には、、、
【縮毛矯正もとい担当美容師は店や値段じゃなく、人で選ぶべき。綺麗な髪は人生も変わります。】
と考えています^^

●縮毛矯正、くせ毛カットでご予約のお客様●
当日は結び跡やアイロンなどを入れていない素髪の状態でのカウンセリングの方がよりお悩みを捉える事が出来ます。

いつもの方は勿論、初めましての方でもお気軽にご指名下さい♪
髪にまつわること、きっと、お力になれます^^

甲斐錬也

関連記事

ご予約・お問い合わせ