ヘアドネーション

2020.06.22

美容院側で切った毛束を送る事が出来なくなります【ヘアドネーションをご検討の方はご覧ください】

こんにちは いつもご覧くださり誠にありがとうございます

オトナ女性のための美容院カータです。

オープン以来(オープン前も)取り組んでおりました【ヘアドネーション】の活動

ドネーションの認知度が高まるにつれ受け入れる事業者側の体勢も変化していき、その都度時代に合わせて仕様が細々変わっていっております。

その中で大きな変更点として、2020年7月1日以降は

 

【登録美容院側からの毛束の配送、認定証の配送が出来なくなります】

 

いままでは切った毛束をサロン側がお預かりしシートを同封しまとめて配送するといった手続きをさせて頂いておりましたが、今後は

切った毛束はお客様にお渡しし、お客様自身でシートを同封して送って頂くような流れに変更になります

 

毛束に関しては以前に感染症の影響で新たな毛束の受け入れを停止しているとお伝えさせて頂いていたのですが5月25日~6月30日は受け入れを再開

7月1日以降はまた感染症の広がりを見て対応しているようです

https://www.jhdac.org/news/article.php?id=49

 

 

登録美容院の毛束の配送に関してカータとしてもメールが1通届いただけなので詳しくは事情が分からないのですがこのようなご連絡を頂きました

以下メールを転記


 

賛同サロンにご登録の皆さま

JHD&C(ジャーダック)の取組にご賛同・ご協力くださり、心より御礼申し上げます。

髪の毛の送付について、大変重要なお知らせでございますので、最後までお読みいただきたくご案内申し上げます。

2020年7月1日より、下記の通り休止致すこととなりました。

◯サロンさま経由の髪の毛の送付
◯返信用封筒の送付(受領証申請の代行)

いずれも賛同サロン登録の有無に関わらず休止致します。

今後は、ドナーさまの髪はお預かりにならず、ドナーさまご自身で送っていただきますようご案内いただければと存じます。(送り方は、ホームページの「髪の毛の送り方」ページをご案内して差し上げてください)

*なお、今月中(6月末日)は、これまでにお預かりになられた毛髪の寄付、及び返信用封筒(受領証)の対応を受付ますので、お早めにお送りください。

━─━─━─━─━─━─━

ヘアサロン(理美容師)の皆さまには、ヘアドネーションカットの技術提供ならびに、ヘアドネーションチャリティのご案内、サロン独自のボランティアとしての髪の毛送付代行などに多大なお力添えを賜り、ここに改めて感謝の気持ちをお伝えさせてください。誠にありがとうございます。

しかしながら、サロンさまによるヘアドネーションの送付代行と返信用封筒(受領証)対応の休止に踏み切ることとなりました。理由は、ドナーからのお問合せが非常に多く寄せられたことによります。

最も多いお問合せは、下記の内容です。

●「髪の毛をいつ送ってくれたのか分からなくて不安」
●「返信用封筒を預けたのに受領証が何ヶ月経っても届かない」

ドナーさまに「サロンに不信感を抱いた」「心を込めて何年もかけて伸ばしたのに残念、悔しい」……そのような思いをさせてしまうことは、私どももサロンさまも決して望んでいない事態です。

また、多忙なサロンワークの合間に理美容師さまがドナーの髪を1人分ずつパッキングしたり、ドナーシートや返信用封筒の代行をされたり、なかには切手代までサロンさまが負担されているケースもあるとのこと。

そこで、『ドナーさまご自身によるドネーションヘアの送付』という送付方法に統一することで、お問合せやトラブル、サロンの負担を減らせたらと考えております。

JHD&Cのヘアドネーションチャリティの原点・出発点は、レシピエントさま、ドナーさま、JHD&C賛同サロンさまが、それぞれの役割を担うことで、

「頭髪の悩みで日常生活に不便を感じている子どもに無償提供の医療用ウィッグがあることを知ってもらいたい」
「ウィッグを必要としている子どもたちに少しでも喜んでもらえたら」
「素晴らしい活動に技術を通して協力できて良かった」

このようなあたたかいお気持ちを共有していくただくことを目指しております。

━─━─━─━─━─━─━

最後となりますが、これまでの皆さまのお取組に対してこのような決定をせざるを得ないこと、誠に心苦しい限りではございますが、なにとぞご理解くださいますようお願い申し上げます。

どうぞ今後とも、ヘアドネーションのカットという技術力の発揮・提供というかたちでご協力いただき、ヘアドネーション活動が一時のブームではなくごく自然なチャリティとして続いていきますよう皆様のご協力を賜れましたら幸いです。

[追記]
ヘアドネーションに関する情報をホームページやメールで発信しております。今後は、これまで以上に技術的・専門的な情報の共有もしていけるよう準備しております。レシピエントさま、ドナーさまとのコミュニケーションにもお役立ていただけることと存じます。

NPO法人 Japan Hair Donation & Charity

転記終


どうやら件数が増えるにつれ様々な事案が起こっているようですね。。

カータで何かトラブルがあった記憶はないのですが(過去に一件ウイッグをカットしてほしいという方の親御さんと日程が合わず事務所の方に間に入って貰った事はあります)

トラブルを未然に防ぐという面からもJHDCの意向に沿い自店も行動させて頂きます

 

あ、でもドネーション自体は続けていくつもりですのでご安心ください。切った毛束の送り方が変わるよ~というお話ですので。

 

過去にカータでドネーションをして頂いた方は特に以前とは仕様が変わってしまいご迷惑をおかけしてしまいますが何卒ご理解頂けますようお願い申し上げます

 

流れとしては

当日切った毛束を袋に入れてお会計時等にお渡しいたします

その髪とドナーシートを同封し

宛先

〒530-0022
大阪市北区浪花町13-38 千代田ビル北館7A
JHD&C ヘアドネーション係
宅配便記載用電話番号 06-6147-5316
※お電話でのお問い合わせには対応しておりません。

 

こちらにお送りください。

(受領証をご希望の方は返信用封筒、切手等をご用意の上同封ください)

ご自身で送る場合にオススメは追跡機能がついているレターパックや宅急便コンパクト(ちなみにカータは箱にいれて郵便局で送っております)

 

その都度ルールも細かく変わったりしているので、送る前に最新の情報を一度確認して頂くとより安心かと思います

https://www.jhdac.org/hair.html

 

だれかのために役にたてることがあるなら。

頑張る人が頑張りやすいように。

 

ウイッグを手配する人

ウイッグを受け取る方

 

両方に役立てられるように美容院が出来ることを粛々とやってまいりますのでドネーションが気になっている方はお気軽にご相談くださいませ。

ではでは

 

 

 

«前ページ記事一覧

関連記事

ご予約・お問い合わせ