コラム

2019.09.09

【前編】貴女はどっち?それとも両方?縮毛矯正と髪質改善酸熱トリートメント♪甲斐的それぞれの違いetc…

こんにちは^^

くせ毛に特化した美容師させてもらってます甲斐錬也(カイレンヤ)です♪

今日は縮毛矯正と髪質改善酸熱トリートメントについてのお話です☆

 

まぁ正直、カータにいらっしゃるお客様は髪や各薬剤に元々詳しい方も多いので

『何を今更!!』といった内容かもですがお付き合い下さいませm(__)m

『縮毛矯正』

簡単に言うと、髪の歪な曲がりを薬剤とアイロンの熱の力で真っ直ぐにする技術ですね!

僕が大阪の美容室に在籍していた頃に、ハマりにハマって研究しまくった技術ですね笑

勿論それぞれ仕上がりや質感の好みが有るので一概には言えませんが

如何に『毛一本残さずダメージを感じさせない様なサラサラ艶々、且つ地毛と言ってもバレない程の自然な丸みを帯びた仕上がり』

に近づけられるかが施術する美容師の腕の良し悪しだと言えるでしょう^^

 

お客様の髪の状態に対する薬剤選定、前処理、中間処理の組み合わせ、工程、乗せる厚み、ドライの加減、アイロン操作の安定感、各スライス、部分のダメージに応じての臨機応変な対応力、酸化、後処理の考え方etc…

言いだすとキリがない位、全ての要素が大事でして、そのどれか一つでも上手くいかないと仕上がりもズレてきます

僕の個人的意見とお客様にはあまり関係ない話なのですが

 

上記のように縮毛矯正は沢山の要素が複雑に組み合わさっていて、少しの誤差が大きな失敗を生む

そもそもが『凄くピーキー』な技術項目なのです

なので薬選や工程を『簡略化』するのは絶対に良くないと思うというか、そもそも無理があると思うんですよね

 

例えばお店に置く薬剤の種類を『ハード』『ノーマル』『ソフト』の3種類だけで対応したり

しかもトップの人間がそれらの薬剤の細かい内容成分や濃度を知らなかったりで下の子も何となくの勘でチョイスして使ってる

そんな美容室そこら辺にザラに有りますからね

経営的目線とか儲けの為には効率が良いのかもですが、20000%お客様の髪に事故が起きます

 

理科、化学が苦手でも薬剤や髪の事を勉強して、沢山の粧材に触れて試し、思いつく良さそうな工程全てを試してみる

そこから自分の中で無駄を省いていって一番効率よくお客様の髪がキレイになる自分だけの答えを見つける

それが目指すべき形なのかなと

 

はい!さっそく滅茶苦茶に話がそれましたwwwww

 

つらつらと書きましたが簡単に言うと、、、

 

『縮毛矯正は癖を伸ばし、その部分の形状を半永久的に良い方向へ変え日々のお手入れを劇的に楽にするもの』

 

という事です!

 

ちょっとメラメラと熱く語ってしまいガソリン切れなので

もう一つの髪質改善酸熱トリートメントの話は後半へ持ち越しますwww

 

 

いつもの方は勿論、初めましての方でもお気軽にご指名ください♪

髪のお悩みきっと、お力になれます☆

LINEでのご予約はこちら★ ID→@hfs5138g

インスタID→renya_kai

 

では★

甲斐錬也

«前ページ記事一覧

関連記事

ご予約・お問い合わせ